公開日:

カターレ富山主催「第6回 LOVE BLUE クリーンアッププロジェクト」に参加
十全化学の社員や家族が三井アウトレットパーク北陸小矢部周辺のゴミ拾いを実施

サスティナビリティ/CSR/SDGs

 医薬品・原薬の製造・研究受託事業を行う十全化学株式会社(所在地:富山県富山市、取締役社長:廣田大輔)は、2023年5月20日(土)に当社の社員が地域貢献活動の一環として、カターレ富山が取り組むプロジェクト「第6回 LOVE BLUE クリーンアッププロジェクト」に参加し、小矢部市の三井アウトレットパーク北陸小矢部周辺のゴミ拾いを実施したことをご報告します。



 2023年5月20日(土)に当社がスポンサー契約を結んでいるカターレ富山(所在地:富山県富山市、代表取締役社長:左伴繁雄)が「第6回 LOVE BLUE クリーンアッププロジェクト」を開催しました。


 当日は十全化学の社員や家族が参加し、小矢部市の三井アウトレットパーク北陸小矢部の周辺を約30分かけてペットボトルや空き缶、空きビン、たばこの吸い殻などのゴミを回収いたしました。

 LOVE BLUE クリーンアッププロジェクトは、2023年中に合計4回実施される予定で、今回は通算6回目(今年度は1回目)となります。十全化学はSDGs(持続可能な開発目標)に賛同し、富山の綺麗な環境を未来へつないでいくこのプロジェクトに協賛しております。


 十全化学は今後も各種地域貢献活動を実施してまいります。