公開日:

「シンカ」をコンセプトとした十全化学の新本社屋、2023年に竣工!
4月26日に本社屋落成式を執り行いました

経営/コーポレート

 医薬品・原薬の製造・研究受託事業を行う十全化学株式会社(所在地:富山県富山市、取締役社長:廣田大輔)は、立山の自然と風土をコンセプトとした本社屋の落成式を2023年4月26日に執り行いました。



 2022年3月に着工し建設を進めてまいりました本社屋でしたが、3月9日の竣工式に続き、1階外構部分の造作が終わり、完全に建築が完了したことで、このほど無事、落成式を執り行う運びとなりました。

 当日は弊社の関係会社やお取引先様、地域の企業の方々にご臨席いただき、社長の廣田からの挨拶の後、ご来賓のご挨拶、鏡開きを行いました。また、本社屋建設動画をご鑑賞いただき、その後、社屋内見学という流れで落成式を行い、本社屋完成のご報告をさせていただきました。

 環境に配慮し、持続可能な社会などをテーマにしたこちらの本社屋において、十全化学の行動指針でもある「仕事を愉しむ」ことを社員一人ひとりが実現し、引き続き医薬品・原薬の製造研究受託事業を通じて、社会貢献を図って参ります。


■本社屋のコンセプト

 風土の「シンカ」

 ・自身を『深化』させてゆく

 ・集中できる場所、リラックスできる場所、こみいった話をできる場所

  ⇒自分(たち)と深く向き合う

 ・日々の働き方を『進化』に繋げる

 ・新たなアイデアが生まれる仕掛けづくり、自由な雰囲気づくり、普段業務で関わりの無い人と話せる

  関係性づくり、全員で褒めあったり認め合える環境づくり

  ⇒日々のコミュニケーションから考え方を進化させる

 ・世界基準での視点や考え方へ『新化』していく

 ・開放感、会社と地域との関係性づくり

  ⇒新しい世界へ目を向ける

 自律的に楽しく動ける、働きがいのある会社

 ・用途や気分に合わせた居心地選びができることで【気分転換】【新しい働き方】【新しいコミュニティ】

 ・働きやすさ=成長支援=会社の成長

 挑戦する人が安心して活躍出来る環境がある会社

 ・挑戦している人を全力で支えたい